屋根リフォーム

屋根リフォームおすすめ

外壁などとは異なり普段生活している上で着実に老朽化が進行しているのにも関わらず、気付く事ができない箇所として屋根があります。そのため気が付いた時には既に手遅れになっている程、著しく老朽化してしまっている事例も稀有ではありません。見た目の問題は当然の事ながら、日本は地震や台風といった自然災害が多い国であるが故に、見えない部分ではありますがしっかりと定期的にリフォームを講じる必要性があります。

 

一見、住宅の寿命を左右するのは壁のように考えてしまいますが、実際は屋根が住宅の耐久性に直結するので、リフォームを疎かにしてしまうと住宅自体の寿命が短くなってしまいます。それほど屋根リフォームが重要視される理由は、絶え間なく直射日光による紫外線を浴び続けている上に、雨が強く打ち付けられるといった過酷な場所であるためです。外壁のダメージが目に見えて顕著になってきた時に、同時に屋根のリフォームも検討するという方は少なくないのですが、外壁よりも過酷な場所であるため外壁のダメージが目視確認された際には既に屋根は手遅れになっています。しかも、リフォームを講じていなければ降った雨が室内に入り込んでしまい、壁紙などに染みを作ってしまうだけではなく、内部の大黒柱などを腐らせてしまい倒壊する危険性が高まります。

 

そのような屋根には所在地などによって様々な素材が採用されているのも特徴的な面であり、比較的暖かい地方でよく見られるのが瓦を採用している住宅です。瓦は日本家屋における伝統的な素材であり、耐久性に優れているので50年から100年程は風雨に耐えられるのですが、その下に敷いてある物についても考慮しなければなりません。瓦屋根の場合は下部に土やシートといった物を重ねて構成しているので、たとえ瓦自体にひび割れなどが起こっていなくても、下部にある素材が劣化していると雨漏りが起こってしまうので専門業者に屋根に上って頂きチェックしてもらいましょう。

家を長持ちさせるために重要な屋根のメンテナンス・リフォームのための費用

屋根リフォーム相場

家を長持ちさせるためには、雨水などを部屋の中に入れないことが重要になります。建物自体は水気に弱いため、定期的に雨漏りなどが発生していると、耐用年数が短くなってしまう恐れがあります。これを防ぐ方法の一つが、屋根のメンテナンスを定期的に行うことです。言い換えれば、屋根リフォームを行う必要がありますがそれなりの費用がかかるため事前にしっかりとした準備が必要です。

 

屋根リフォームにかかる費用ですが、どのような種類の屋根を利用しているかによっても変わってきます。それと同時に、築年数がどれくらいなのかによっても変わってくるところです。例えば、築10年以内の住宅ならば屋根瓦の住宅でもスレートの住宅でもそれほど費用の違いはありません。修理する部分があったとしても5万円以内で収まることがほとんどです。もちろん例外的に、問題があるような住宅もありますが、この場合には売り主に瑕疵担保責任を追及することができるためお金はかかりません。

 

20年も経過するころには、リフォームが必要になることが多いですが、スレートの場合と瓦の場合で扱い方が異なります。スレートに関しては外壁塗装する必要がありますので、そのとき同時に屋根の塗装も行うとよいでしょう。別々の機会に行っても問題ありませんが、そうすると足場の設置を2回しなければならず、12万円から20万円ぐらい余分な出費が出てしまいます。一方瓦の場合は、特に塗装する必要はありませんが、雨漏りがないかを確認しておきましょう。30年を経過するころには、何らかの問題が生じていますが、基本的にスレートの場合は一度取り換えた方がよいかもしれません。もちろん30年経過した段階で必ず取り換えなければならないわけではありませんが、30年以上経過している場合にはスレート自体が劣化しており、ひび割れが発生してそこから雨漏りが発生する可能性が高くなります。仮に一カ所修理したとしても、すぐに別の個所が壊れてしまうためすべてを取り換えるべきです。

屋根葺き替えリフォームの種類

屋根リフォーム費用

屋根の葺き替えリフォームを行う場合、いくつかの種類が存在します。屋根材として主に使われるのは、日本瓦にスレート材、ガルバリウムです。日本瓦は昔ながらの瓦であり、耐久性が特徴です。屋根の葺き替えを行う際は日本瓦から別のものへリフォームすることはできても、スレート屋根から日本瓦への葺き替えはできないのが基本です。これは重さに耐えきれない可能性があり、家に対する負荷もかなり変わってしまうためです。葺き替えを行う場合は日本瓦から別の屋根材へ、それ以外のケースでは重さに注意して行なっていきます。

 

一方で家全体を完全にリフォームし、家の枠組みだけを残すような大規模なリフォームをする場合にはスレート材から日本瓦へのリフォームも十分に可能です。結局補強をしてしまえばいいだけのことであり、補強を行ってから葺き替えを行うというケースもあります。こうしたが困難なケースは屋根だけのリフォームを行うケースであり、何が何でも変えたい
人は少々お金はかかるもののそのやり方はちゃんと用意されています。

 

また全体の葺き替えを行うのではなく、一部の瓦だけを変えることもできます。例えば瓦が割れたケースではその部分を取り除き、コーキング剤で雨水の調整を行うこともします。日本瓦を使っている場合では漆喰が剥がれることなどもあるため、その対策も行います。下地がズレているのであれば葺き替えと同じタイミングで防水シートの張り直しを行ってからリフォームをすることもあります。葺き替えのタイミングで屋根に関する不調は全て解消するような感覚でリフォームをしていきます。全体の葺き替えを行うのか、それとも一部分のみに限定するのかはその家の予算や希望を見て判断します。ただ一部に問題が生じるとそこから全体に広がることもあるため、メンテナンスを定期的に行って全体で行うのか一部のみにするのかを決め、信頼できる業者に依頼して葺き替えを行っていくことをおすすめします。

設置系FAQ:陸屋根の一般的な設置方法

屋根リフォーム一括見積り

フラットな形状が特徴的な陸屋根の一般的な設置方法については、定期的な防水工事が不可欠となります。防水を目的とする設置費用の相場は陸屋根面積や経過年数によって大きく変動します。一般的な戸建ての陸屋根面積が100平方メートルである場合、築5年でおよそ20万円という費用を支払う必要があります。陸屋根は屋上がある水平な屋根のことを指しますが、すっきりとしたデザインというメリットがある反面、雨漏りの危険度が増すデメリットがあるため一般住宅での施工数はそれほど増えていない状況になっています。

 

豪雪地方においては落雪事故防止という目的で鉄筋コンクリート構造というしっかりとした土台がある場合に限り、陸屋根を採用する住宅が増えている傾向にあります。水平な屋根であるため風の影響が少なく雨漏りの危険も少ないと想定されることがありますが、屋根に傾斜がないためデメリットのほうが大きくなります。別の観点から言及すれば、陸屋根のメリットとして太陽光発電の設備を置きやすいメリットがあります。陸屋根に関する施工で最も注意しなければならないのは、基礎部分に空けた穴からの雨漏りや浸水です。

 

近年では防水対策として、そもそも基礎部分に穴を開けない置き基礎を使用する施工法による設置例が増えています。雨漏り対策としては究極の方法のように捉えられますが、太陽光パネルを固定するためにはそれぞれの太陽光パネルに数十キロの重りを付ける必要があります。これは負担が大きい施工法になるため、主にマンション屋根などで取り入れられているケースが多くなっています。数十キロの重りを付ける割に、屋根材に直接固定するタイプと比較すれば風圧耐性が欠けるうえに設置角度を10度以上に上げられる可能性も低くなります。設置角度が10度であっても、それほど大きく発電量が落ちるわけではありませんが、北海道などの一部の地域で年間の最適設置角度が40度をオーバーするような場合もあります。このような地域の場合は事前に採算性のシミュレーションを行った後に検討するほうが賢明です。太陽光パネルを有効に活用すれば、余った電気を電力会社に売ることが可能となります。

設置系FAQ:折板屋根の一般的な設置方法

屋根リフォーム申込

折半屋根とは、工場などで見られる凸凹の屋根です。金属で山なり形状の屋根となっており、横置きや縦置き、直付けの3つの設置方法があります。この中で最もよく見られる設置方法といえば、横置きです。なぜ横置きが多いかというと屋根の形状に関係なく設置される点も理由の一つとして挙げられます。折板屋根の工法には、重ね式とハゼ式がありますが、この両方に使えるのが横置きです。ハゼ式は、屋根の素材をパズルのように組み合わせていきます。

 

ハゼ式折板屋根を設置する際には、各種ハゼクリップと抑え金具の他、傾斜架台を使って設置することがほとんどです。しかし、この際に注意しなければいけないのは、塩害地域には使用できないという点です。また、屋根接合部のハゼ締めの状態によっては、設置できない可能性もあるため、事前にしっかりと業者に確認することをおすすめします。工場の屋根を最大限に活用するために太陽光パネルを設置するという経営者も少なくありません。実は、工場の屋根を活用することで太陽光発電ビジネスに参入することもできるのです。太陽光発電システムをビジネスに参入することで効率よく収益を望むことができるなどのメリットがあるでしょう。折板屋根への設置費用は、高額な費用がかかってしまうことがないのも嬉しい点です。

 

太陽光パネルの設置枚数によって費用には差がありますが、架台などを安く済ませることができるので、他の屋根設置と比較してもリーズナブルに設置することが実現します。そのため、近年では、大手の工場のみならず中小規模の工場でも気軽に太陽光発電システムを設置する経営者が増えています。折板屋根に太陽光発電システムを設置することが難しいと思っている方が大半なのではないでしょうか。しかし、折板屋根は、架台をシンプルにしており、軽量のアルミニウム製を採用しています。そのため、工場の屋根にも気軽に太陽光発電システムを設置できるようになりました。